« 沢井美優さんと行く伊東温泉ツアー 参加レポート 二日目 けっして夢じゃなかった | トップページ | 沢井美優さん新作DVDタイトル決定 »

2005年2月13日 (日曜日)

伊東温泉ツアー狂想曲の終焉
[沢井美優] [芸能・アイドル

ごっついデカさのポップコーンの袋をかかえてネバーランドを見てきました。
静かな映画だったのでポップコーンを食べるのにポリポリ音を立てることができず、食べきれずに余ってしまいました。沢井美優さんにはかないません。

ツアーが終わって一週間たってようやく落ち着きました。
思えば1月6日にJTBへ電話確認をしてから一ヶ月以上、騒ぎに騒いで、サイドバーが「沢井美優」、「伊東温泉ツアー」で埋め尽くされる始末。参加レポートもいつの間にか文体の統一もとれていない感想文になってしまいました。

最後に人生、ビデオをためる暇はあっても見る暇なしっ!うさ美優からのプレゼントにある内容の実現率と未来への展望を書いて終わりにします。

<出発>
参加人数が少数だった事もあり、バス1台での出発となった。
的中!x2。バスの中は相席も少なく、ほとんどの人が2つの座席を使えました。

参加者は予想通り平均年齢30歳前後で、女性(子供除く)の姿は無かった。親子連れは2組のみだった。
・年齢の高い人も低い人もいたので平均は的中!
・女性は2名いらっしゃいました!
・親子連れはなし!残念!

出発すると車載のモニターにうさ美優が登場し挨拶を始めてた。盛り上がる車内!!
・車載モニターの挨拶は的中!でもそんなに盛り上がってなかった(笑)

そこで添乗員さんがいきなり挨拶を始める。何とその女性はうさ美優だった。挨拶が終わると今度は、♪オーバーレインボーツアーの替え歌、♪イトーオンセンツアーを歌い出すのだった!!流石にずっと同乗している筈もなく、15分後くらいにバスから降りていった(T_T)
・残念!ツアー中は徹頭徹尾サプライズなし!それがJTBスタイル(笑)

<大宴会>
大宴会が始まった。まずは夕食をとりながらの各自歓談となった。
・食事は沢井さんの登場まで待たされましたが歓談はしました。

暫くしてうさ美優が浴衣姿で登場する。セラムンAct.48でも使用した自前の奴だ。
・残念!浴衣でないにしても衣装変えはあってもよかったと思います。

少し遅れてケーキが運び込まれた。参加者が少なかった為、全員に行き渡る量のチョコレートケーキ(4個)を焼いて来てくれたのだった。
・残念!ツアー中は徹頭徹尾手作り系のプレゼントなし!それがJTBスタイル(笑)

その後宴会はトークコーナーや質問コーナーで大いに盛り上がっていた。
・トークコーナーは中止。質問コーナーは「ステージ」と「観客」に区切られていたので盛り上がりはほぼゼロ。笑いもなし(笑)

続いて事前に募集されていた似顔絵コンテストの開催、結局当日似顔絵を持参して来た参加者は半数に満たなかった。
・これははっきりしませんがおそらく的中。

うさ美優が審査委員長として選ぶ訳だが・・・、デフォルメしてイラスト調に書いてる人が多い中、結局本当に上手い人が3人ほど居てそちらの決戦投票を行ってグランプリが選ばれた。
・審査は沢井さんのみが担当した模様。
・全ての似顔絵を貼り出すようなことはしてもらえなかったのでグランプリ以外の作品は目にできませんでしたが、おそらく参加者の年齢からいってもデフォルメは少なかったのではないかと想像します。
・上手い人が2人いてどちらもグランプリ受賞だったので決選投票はなし。

その他に特別賞(美優賞)があって、ほぼお約束通り小さな女の子が持っていった(--;;
・家族連れがいれば的中していたでしょう。残念。

私はその場で直前に描く作戦をとる予定だったが、そんな暇は全くなかった。
・聚楽についてから宴会までの時間に描けたかも?

そこにシークレットゲストが登場する。事務所の後輩との紹介であったが、驚く事に現れたのは梨華(旧・浜千咲)であった。事務所関係の契約の問題もあり、詳細は現時点では内緒にする。
・サプライズ系の演出なし。的中していればどんなによかったか・・・

続いてツーショット撮影会の開催、いつもなら晒し者状態になるツーショット撮影会だが、少人数でアットホームな雰囲気になっていた為、あまり苦ではなかった。
・かなりの人が積極的にポーズの要求を出して、沢井さんもやりやすそうでかなり盛り上がりました。的中!

そしてこれは内緒という事になってるのだが宴会終盤で衣裳チェンジがあった。あの決めゼリフと共に、それは本人所蔵のセラムンコスチューム姿での登場であった。場内これ以上無い程沸きかえった。そのまま姿で余興として、うさぎ(セーラームーン)と共演コーナーが行われた。希望者と本人とでセラムン本編の1シーンを再現するという企画だ。これには感動した。タキシード仮面のマスクを自作して行くんだった(笑)
・これに関しては・たとえ・仮に・万が一・セーラームーンにメイクアップしたとしても内緒なので書けません。ですので「的中しなかった」ということにしておいてください(笑)

宴会中は限定品の物販も行われた。事前に告知されていたフォトCDアルバムは、トークコーナーで半ば強制とも言えるうさ美優の売り込みもあった為、ほぼ全員が購入していたようだった(笑)。
・宴会中の物販はなし。サイン入り写真集やDVDを販売すれば、すでに持っている人でも買ったでしょうに(笑)
・フォトCDの売り込みもなし。そもそも沢井さんの自由なトーク自体ありませんでした。
・でもフォトCDをほぼ全員が申し込んだのは間違いなし。

ただし転売屋対策の為か一人複数購入は不可だった。
・何枚でも申し込めました。「10枚買ったろか」とか思いましたがもちろん思っただけ(笑)

因みにフォトCDアルバムの内容は、今回の為に撮り下ろされた物ではなく、Kissの未使用素材やオフショットだった。
・ある意味、今回の為の撮り下ろしといえるでしょう。

<ボウリング大会>
うさ美優はなんと、中学時代のバスケユニフォームで登場した。
・普通のボウリング場に普通に入って来たのでこれは無理だったかも。

始めに撮影会を行う事になったが、流石に秋葉イベントの時の様にカメコが居ない為、比較的コンパクトなカメラが目立った。
・ボウリング中の撮影。コンパクトなカメラが目立ちましたが銀塩一眼レフの方も意外といらっしゃいました。

残念ながらセラムン関係のポーズはNGだった。昨晩で本当に見納めだったようだ。
・このときはそもそもポーズの要求自体を出せませんでした。前日の撮影会ではセーラームーンのポーズを要求している人がいましたが、きっぱり断られていました。

ゲームはくじ引きによる2人1チーム(交互に投げる)で行われた。
・惜しい!3人1組でした。

うさ美優もその中に入ったのでペアを組めた方はその時点で勝ち組だった。
・この意味では参加者全員勝ち組でした。

この方式だと個人が上手くても優勝は出来ないので、割りといいゲームになった。
・各チームの成績は公表されませんでしたが、個人ダントツ1位の人のチームが優勝できなかったので的中でしょう。

因みに優勝チームは148点で、うさ美優チームは76点だった(^^)
・優勝チームの成績は3人の平均でおそらくもう少し下でしょう。沢井さんのボウリング能力からすれば76点はありえない低さです。残念!

優勝商品は、うさ美優手作り特大チョコレートと、セラムン本編でうさぎの部屋にあった「フワフワうさぎクッション」(うさ美優が貰って帰ったversion)で何とも羨ましかった。今回ブービー賞もあったので最初からそっち狙いにするんだった(^^;;
・優勝商品は見た限りでは手作りではなく既製品でメッセージカードすら入っていないでしょう。クッションなどもってのほかです(笑)
ブービー賞も参加賞もなし。残念!

<お土産>
お土産のポストカードは、フォトCDアルバム同様にKissの未使用素材で作った物のだった。
・ポストカードは郵送されてくるので当日はお土産なし(泣)。印刷のサインが入ってフォトCDと同様にツアー中の写真が使われるようです。

あと参加者全員にうさ美優手作りというチョコが配られた。
・多分ないだろうと踏んでいたので、詰め合わせのチョコを主催者に渡して沢井さんから配ってもらうように頼もうかと思いましたが、食品は万が一食中毒が発生したりすれば大問題なのでやめました。やったとしても脊髄反射で突き返されたでしょうけど(笑)チロルチョコでいいからほしかったなぁ。もらうことに意義がある。

という事で、大・大・大・大・大満足のツアーになりました。あ~ビデオ化しないかなぁ~
・大・大・小・超特大・小満足ぐらいでした。自分が写ってると死にたくなるのでビデオ化は勘弁してください(笑)

ということで、ざっと計算して打率は3割3分ぐらいでした!でもヨロシク仮面さまとしては実現率の問題ではなくてコスチュームでの登場があるかないかが問題なんですよねぇ。だとしたらこんな手はどうでしょう?

ホリえもんに東映の株を買ってもらい、セーラー戦士を役員として送り込んでもらう!

フジテレビのコンテンツ資産が云々なんて話をテレビでしてましたが、実際にコンテンツを握っているのは製作会社ですよ?これで東映が自由な風潮になれば、藤岡弘、氏にだって変身ポーズをとってもらって、タレント-製作会社-ホリえもんでWIN-WIN-WINな関係を築けますよ どうですか だめですか 眼中ないですか ちぇ

沢井さんのみならず女性タレント全般にプレゼントしたら喜んでいただけそうなもののアイデアを思いついたのでその制作に没頭しますよふんホリえもんなんかきらいだ

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69658/2909824

この記事へのトラックバック一覧です: 伊東温泉ツアー狂想曲の終焉:

コメント

わざわざ記事を割いて頂いて恐縮です。

そうですねぇ、結局私は「月野うさぎと行く伊東温泉ツアー」を妄想していたのだと思います(^^;;

ホリえもんに頼らずとも、それなりのお金(東映への版権使用料)をかければ実現できる話しだとは思っているんですけどね。今回の場合ツアー費用を10万近くにすれば出来なくもないと(笑)

投稿者: ヨロシク仮面 (2005/02/14 11:28:13)

長文レポートの方もナイジェルさんの情熱と息遣いが伝わる力作ですが、こういう軽妙なタッチでまとめるのもユーモアがあっていいですね。笑わせていただきました。ヨロシク仮面さんとの息もぴったりです(笑)

投稿者: i429chisusugu (2005/02/14 18:49:26)

>ヨロシク仮面さん

いいですね、「月野うさぎと行く伊東温泉ツアー」。ポーズをとったりすると東映から法外な使用料を取られると聞いたことがありますが、当日版権を取得できればいいわけですよね。なんとか実現しないかなぁ。

投稿者: ナイジェル (2005/02/14 22:22:55)

> i429chisusuguさん

ちょっと伊東温泉ツアーについては熱くなりすぎました。本来のひっそりこっそりなスタイルを取り戻したいと思います。

投稿者: ナイジェル (2005/02/14 22:24:07)

お世話になっております。先日は色々とありがとうございました。

いろいろとスパッと今回のツアーについて書いて頂き胸のすく想いです!!

私も,場違いなのは十分承知していますがこの場所で,私ならこうする一日目と題してシミュレーションしてみたいですね・・・長くなりますよーーー

もちろん,ナイジェルさんの許可があればの話ですが・・・(笑)

投稿者: のすけ (2005/02/14 23:51:41)

浜千咲のクリスマスパーティーでフィギアを作ってこられてメロン読者に人気だったのはナイジェルさん・・・じゃないですよね?

投稿者: dante (2005/02/15 1:09:06)

>のすけさん

ココログのコメント欄の文字数の制限を調べたのですが分からなかったので、メールにてご連絡頂ければ掲載を検討いたします。@niftyの規約上、weblog上に登録された情報の全てにおいて、係る責を当方が免れ得ないことが明記されておりますので内容の如何によっては全文掲載を確約はいたしかねますが・・・
伊東温泉ツアーに関しては訪れてくださる方々に既にかなりの長文をお読みいただいておりますので、できれば短めでお願いします(笑)

投稿者: ナイジェル (2005/02/15 12:07:00)

>danteさん

違います(笑)クリスマスパーティには行けませんでしたし・・・
そんな強者がいたとは知りませんでした。どんな作品だったか見てみたいです。

メロン読者に人気>羨ましくなんかありません!

投稿者: ナイジェル (2005/02/15 12:13:11)

前向きなご回答ありがとうございました!!

でも,私のレポ・・どこをどう削ってもながーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい
レポになってしまうことに今更のように気付きました(現在レポ制作進行中)

こう書けば,皆さん分かりますよね??

よって,今回は断念致します。

ご迷惑をおかけ致しました。

そして,お心遣い及びご配慮ありがとうございました。

ナイジェルさん!

あなたこそは,真の沢井美優ファンです!!

投稿者: のすけ (2005/02/15 23:37:57)

>ナイジェルさん
では、またイベントや大きな動きがあったときにがつんとくるやつが見れることを楽しみにしております!

投稿者: i429chisusugu (2005/02/16 1:17:47)

>のすけさん

過分なお言葉を頂き恐縮です。

自分は沢井さんとはかなり相性が悪く、気に入られているか嫌われているかで言えば嫌われていると思うので、それでもしつこくイベント通いをする様はファンというよりストーカーに近いと思われ(泣)

投稿者: ナイジェル (2005/02/16 12:10:09)

>i429chisusuguさん

>がつんとくるやつ

がつん、ですか。うーん・・・(笑)
ガンバリマス!

アンマリキタイシナイデ・・・

投稿者: ナイジェル (2005/02/16 12:14:09)

あ、すみません、もちろんナイジェルさんのペースでこれからも歩んでください(笑)

投稿者: i429chisusugu (2005/02/17 1:16:00)

コメントを書く